【AWS】お名前.comで購入したドメインにEC2のElastic IPを割り当てる方法

前々回の記事でEC2でインスタンスを作成しました。次の工程として、お名前.comで購入したドメインにEC2のElastic IPを割り当てる方法について調べてみました。

前提

手順

  1. Elastic IPの取得
  2. お名前.comのドメインにElastic IPを割り当てる

1 Elastic IPの取得

まず固定IPであるElastic IPをEC2のインスタンスに対して割り当てます。EC2でインスタンスを作成すると自動的にパブリックIPが与えられます。しかし、パブリックIPはインスタンスを停止すると別のIPに変わってしまいます。そこで固定IPであるElastic IPをインスタンスに対して割り当てます。

  • EC2のサイドメニューから「Elastic IP」を選択し「新しいアドレスの割り当て」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170718200046p:plain

  • 画面が切り替わったら「割り当て」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170718200223p:plain

  • Elastic IPが付与されると以下のような画面が表示されます。

f:id:t_tsuyoshi:20170718200322p:plain

次に取得したElastic IPをインスタンスに紐づける処理を行います。

  • 「アクション」→「アドレスの関連付け」をクリック。

f:id:t_tsuyoshi:20170718200640p:plain

  • 対象となるインスタンスのプライベートIPを選択し、「関連付け」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170718200811p:plain

  • 関連付けに成功すると以下の画面が表示される。

f:id:t_tsuyoshi:20170718200944p:plain

2 お名前.comのドメインにElastic IPを割り当てる

  • お名前.comにログインしたら、ドメイン設定タブのサイドバーにある「DNS関連機能の設定」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170719114416p:plain

  • 対象となるドメインを選択後「次へ進む」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170719114515p:plain

  • DNSレコード設定を利用する横の「設定する」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170719114608p:plain

  • 入力の項目に先ほど設定したElastic IPをVALUE入力し「追加」をクリック
    ホスト名は空欄、TPPE、TTLはそのままで大丈夫です。

f:id:t_tsuyoshi:20170719114723p:plain

  • 下にスクロールし、DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認にチェックを入れて「確認画面に進む」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170719114822p:plain

  • 確認画面が表示されるので内容を確認して「設定する」をクリック
    これで設定変更が完了です。

おわりに

AWSでもネームサーバーを提供しているようなので、次はRoute53への移管にチャレンジしたいです。ドメインを買って60日経たないと移管できないので今回は見送りました。

参考サイト

9章|AWS EC2のWordPressに独自ドメインを設定する(お名前.com) – SeaEncode

【AWS】MacからEC2へSSH接続する方法

自分のPCからEC2で作成したサーバーにSSH接続する方法についてまとめます。

事前準備

  • EC2でインスタンスを作成済みである。
  • pemファイルをダウンロード済みである。

手順

  1. xxx.pemファイルを~/.ssh/に移動
  2. SSH接続

1.xxx.pemファイルを~/.ssh/に移動

$ mv xxx.pemファイルのパス /Users/ユーザ名/.ssh

chmodoを使いpemファイルの権限を変更

$ chmod 400 xxx.pem

上記のコマンドで所有者に対して読み取りの権限だけを与えています。
chmodに続く数字は100桁が「所有者」10桁が「所有グループ」1桁が「その他」に対する権限を表しています。以下は権限と数字の対応表です。

権限 数字
読み取り 4
書き込み 2
実行 1

それぞれの権限に数字が割り振られており、その合計値によって権限の範囲が決まります。 例をあげます。


$ chmod 721 test.txt

test.txtファイルの「所有者」に対して読み取り、書き込み、実行の3点が 「所有グループ」に対しては書き込みのみ 「その他」には実行のみ与えられた状態です。

2.SSH接続する

まずリモート接続したいインスタンスのホスト名をメモしておきます。 インスタンスを選択し説明タブのパブリックDNSをメモしてください。

f:id:t_tsuyoshi:20170717141815p:plain

ターミナルからコマンドを打ち込む

$ ssh -i xxx.pemファイルのパス ubuntu@ホスト名

@より前は選択したOSによって変えてください。 ubuntuを使用しているので先頭がubuntuになっています。

コマンドの短縮

~/.ssh/configファイルに設定を記述することで簡単にSSH接続することが可能になります

Host 任意の接続名(test)
     HostName ホスト名
     IdentityFile pemファイルの絶対パス
     User os名

sshの後に接続名を書くだけでログインできるようになります。

$ ssh test

参考サイト

【AWS】EC2でインスタンスを作ってみた

AWS初心者がEC2でインスタンスをつくってみました。
EC2作成の手順をまとめます。

f:id:t_tsuyoshi:20170716122328j:plain

EC2とは

Amazon Elastic Computer Cloudの略で、仮想サーバ機能を提供するクラウドサービス。オートスケールが特徴でアクセス量に応じてインスタンスの処理能力を自由に拡張、または縮小できる。トラフィックが増えてもサーバーの機能を停止することなく、サービスをユーザに提供することができる。

インスタンス

1台のサーバーのこと

インスタンスの作成

EC2のダッシュボードに入り、「インスタンスの作成」をクリック

f:id:t_tsuyoshi:20170716123303p:plain

OSの選択

f:id:t_tsuyoshi:20170716123730p:plain 今回はUbuntuを選択。

インスタンスのタイプを選択

f:id:t_tsuyoshi:20170716124013p:plain 使用用途に合わせてスペックを選択する。
今回は無料枠だっとこともありt2.microを選んだ。

インスタンスの詳細設定

f:id:t_tsuyoshi:20170716132834p:plain インスタンスの数やネットワーク構成などを選択できる。
今回はデフォルトのまま。

ストレージの追加

f:id:t_tsuyoshi:20170716132957p:plain 用途に合わせてストレージを選択。
今回はマストドンインスタンスを作成することが目的で、ストレージが20GiB程度ある方が好ましいということなので、20Gibに変更。

タグの追加

f:id:t_tsuyoshi:20170716133251p:plain タグをつけるとインスタンスの管理しやすくなる。

セキュリティグループの設定

f:id:t_tsuyoshi:20170716133407p:plain 「ルールの追加」をクリックし、HTTPとHTTPSを追加する。
追加したら「確認と作成」をクリック。 設定の確認画面が表示されるので内容を確認したら「起動」をクリックする。

アクセスキーを選択する画面が表示される

f:id:t_tsuyoshi:20170716133625p:plain 「新しいキーペアの作成」を選び、キーペア名を入力。
キーペアのダウンロードをクリックするとxxx.pemファイルが自動でダウンロードされる。キーをダウンロードしたら「インスタンスの作成」をクリック。あとでSSH接続するときにキーを使用するので大切に保管してください。

現在作成中の画面が表示される。

f:id:t_tsuyoshi:20170716133853p:plain インスタンス作成まで数分かかります。
作成が完了するとインスタンス一覧に表示されインスタンスの状態がrunningに変わる。
これでインスタンスの作成が完了です。

おわりに

AWSはサーバーの提供だけでなく、機械学習など他にも様々な機能があり、他の機能もこれから触っていきたいです。次はAWS lamdaをつかってみたい。

参考文献

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS)

Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門 (CodeZine BOOKS)

久しぶりのblog

内容はプログラミングや読書録などを主に書いていきます。

ブログは続いた試しがないのですが、まずは月1更新を目標にやっていこうと思います。